ゆたかなイばしょ@瀬戸内ジェラード屋台

この度、瀬戸内の百歳書店さんより、ジェラート屋台プロジェクトに声をかけて頂き、鉄工房や設計図面、縫製に至るまで、似て非worksから徒歩圏内というメイドイン横浜の方々の協力により、この美しい景色に合うジェラート屋台という難題に挑みました。創造都市とは?と考えた時、近隣のクリエイティブが行き来する事で、距離を超えた行き来が生まれる。そう実感出来た記念すべき仕事となりました。

似て非|稲吉稔

南米ボリビアの有名観光スポット「ウユニ塩湖」のような写真が撮れると話題の香川県三豊市仁尾町の父母ヶ浜(ちちぶがはま)
百歳書店は瀬戸内のこの美しい夕日に照らされる、地域の人々の想いを伝えるお店です。
そこにこの度、幸せな風景のひとつとして百歳菓店が加わりました。
お菓子を通して日常の中にある喜びやときめきをお届けできれば幸いです。

百歳書店 | 店主

百歳書店 | むかしとみらいの暮らしをつなぐ
父母ヶ浜 | 四国
企画プランニング|百歳書店代表:今川亜由美
デザインプランニング|小笠原貴子
ロゴデザイン|まなべあきこ
デザイン設計/監修/制作 | 似て非works:稲吉稔:渡辺梓
デザイン設計サポート | 吉澤あずさ
鉄工房 | アイアンクロー
屋台日除けネット縫製 | odiodi

youtube動画

この日は、まだ販売前のジェラードをこの景色の中で頂く。
可愛く装飾してもらいました。
今度行くときは全部制覇しよう!

ジェラードのボンボリづくりは皆さんと一緒に作りました♫

百歳書店より

この地で作られたモノを、書籍と共に置いてあり、地産の紹介文からの、リピーターさんがその後のページを埋めて行くと云うスタイルから、地域の人々の想いを伝えるお店として「百歳書店」と名付けられました。

今回、屋台の日よけシェードの縫製から強風時はワンタッチで畳めるアイデアまで、OdiOdi(オディオディ)の皆さんにお願いしました。

アフリカ布の工房OdiOdi(オディオディ)は、現地で仕入れたアフリカ布を使い、布製品を一つひとつ丁寧に作る工房です。それぞれに表情が豊かな日用品を沢山ご用意しております。150種のアフリカ布から柄を選び、欲しい形のオーダーや細かなカスタマイズ、お持ちの日用品のリメイクもご注文頂けます。https://odiodi.info/

悩めるアールも何なりと。

関内駅から徒歩圏内に鉄工房を構えるIRONCROWの戸叶さんは、家具や建築に留まらず、アーティストやクリエーターのデザインを如何にカタチにするか?相談に乗りながらゴールまで伴走してくれる、強い味方です。

フロム似て非末吉

屋台ハンドルに真鍮の鋲を装飾。

天板はモザイクタイルで装飾。

LATEST WORKS

WORKS    Art renovationUpcycling love at art