似て非末吉

 

似て非末吉”にてひすえよし”と読んでください。

 

 

 

 

 

2010年より2016年まで元銀行をアーティストランスペースとして運営したnitehi worksを離れ
有志のお声がけで、2017年に元中山運輸の木造2階建に出会いました。
其処は何と、元銀行のnitehi works若葉町の通りと並行した徒歩で1分の道沿いにありました。
同年2017年に、その元銀行には、現在は「座高円寺」の芸 術 監 督で
あの黒テントの創立メンバーで演出家の、佐藤信さんが
泊まれる劇場「若葉町ウォーフ」として、この地に根を降ろしてくださいました。
同じブロックには名画を楽しめる映画館として多くの人たちから愛され続ける、あのジャック&ベティも。
並行して大岡川が、みなとみらい沿いに向けて伸びている黄金町から日ノ出町の高架下沿いには
黄金町エリアマネージメントセンターでは、多くの国内外のアーティストが
AIR施設で滞在制作+発表展示を行いつつ町との交流を深めています。
しかし,ここ数年のコロナ禍や、ロシアのウクライナへの軍事侵攻で、多くの方々が深刻な影響を受けています。
若葉町と末吉町と黄金町、若葉芽生えた末、吉を引き、振り返ると一面、黄金色に輝く町。
そんな連鎖を起こす地として我々は、此処で出来る事を重ねて行きます。
不定期ですが、展覧会・ライブ・パフォーマンス・演劇・リーディング他、似て非works企画の他に
エリアの文化意識向上に向けた活動、アーティストインレジデンス(詳細は別途)など
似て非works の活動との相乗効果をもたらす内容等に優先して貸し出しや、協力も行っております。
1階右側は、似て非worksの空間の中で、各種イベントを行います。(元銀行の袖看板と屋上の空調室外機のファン)

似て非末吉外観

2階の内観の様子です。その都度の展示やイベントによって空間演出が変化します。

似て非末吉の企画やイベント情報はこちらからも発信して参ります。

LATEST WORKS

WORKS    Upcycling love at art