1995 Ripple across the water
’95 A bad omen
水の波紋’95 / 悪い前兆 東京 青山

Reindeer’s fur.

Lotus and chrysanthemum flowers

150kg wax

It is immersed.

 

Can art exist in the city?

In 1995 I participated in such an experimental exhibition.

I installed a fairy tale in memory to draw an illustration in the city’s everyday landscape.

Many people along the way made a staple and stopped.

A week later, the work was transferred to another venue by compulsory removal of complaints from the tenants in the building.

The reason was ‘Auspiciousness’.

The exhibition “ripple of water” in the city slowly went into the city.

It was the last encounter with general director · Jan Foot.

After that, I made the title “Auspicious” A bad omen.

Jan Hoet

 

 

トナカイの毛皮。

蓮と菊の花

150キロの蝋

 

 

アートは都市の中に存在出来るか?

1995年そんな実験的な展覧会に参加した。

記憶の中の童話を、都市の日常風景の中に、挿絵を描くようにインスタレーションした。

道行く多くの人が人垣を作り、立ち止まった。

その1週間後、ビル内のテナントからのクレームの強制的な撤去により、作品を別会場に移した。

理由は「縁起が悪い」だった。

都市の中の展覧会「水の波紋」はゆっくりと都市の中に消えて行った。

総合ディレクター・ヤンフートと、最後の出会いとなった。

その後、タイトルを「縁起が悪い」A bad omen とした。

 

 

 

 

 

’95 A bad omen 水の波紋’95 / 悪い前兆

LATEST WORKS

WORKS